塗装のことでお困りの方へ

はじめに(塗装業者への発注は難しい?)
東京工業塗装協同組合のホームページにご来場ありがとうございます。
このページをご覧になられている方は少なからず塗装に関して問題意識・発注のご検討等をお持ちになられているかと思います。
単に塗装といっても世の中には塗装品は千差万別あります。
そして
工業塗装
で扱う塗装も実はその中のごく一部です。

中にはお客様の要望で塗装業者が、初めて扱う素材・塗料・仕様があるかもしれません。
チャレンジする気は十分あっても、実際話が進まないものがあります。
そこで皆様が新規の塗装業者を探す手間を省くためにも、本ページをご一読頂けると幸いです。

1.塗装は設備に依存するもの

 塗装は実を言うと「商売」するには設備に大きく依存するものです。
簡単なものなら誰でも自分で刷毛塗り、コンプレッサーとスプレーガンで塗ることができます。
しかし塗装業者が、お客様に満足していただけるレベルに仕上げ、納期に間に合わせ、量をこなすにはそれなりの設備を要します。
そのため、
塗装屋ごとに設備が違えば、扱える仕事内容も異なり、結果として見積もり金額もぜんぜん違ったものになります。
 つまるところ塗装は工賃仕事なのです。ある種の高価な塗料を除けば塗料代はたかが知れ、いかに仕事の作業効率を良くするかが各塗装業者の営業努力となります。
幸い、本組合に加盟する塗装業者は、多岐にわたる分野を手がけており、設備も様々です。
お問い合わせいただければ、適切な業者を選定出来るお手伝いが可能です。

2.図面だけでは仕事が決まらない?
 お客様が複数の業者から合い見積もりを取るのは当然の流れだと思います。
しかし実際に図面だけ送って見積もりを取り、安いところに発注するという手順で事が進むかというと”?”です。他の業界では分かりませんが、塗装の場合、塗装の詳細仕様まで図面に反映されることが少ない様に感じます。
そこに落とし穴が存在します。よくある例に図面に表面処理「塗装:黒」とか「メラミン焼付け色○○」しかないものがあります。実際に
どういう製品で、どれだけの品質を要求しているのか、どこが重要でどこが重要でないか、塗装用に設計変更可能か、出来た製品の梱包・運送方法等、話を進めるにつれコストに反映すべきことが多々あります。単に見積もりして金額が決まりやってみたらこんなに大変、コストが合わないから辞めるというのは、その先のお客さんにとっても迷惑がかかることです。ご紹介する塗装業者の中には、図面からお問い合わせを頂くお客さまには、突っ込んでお尋ねすることが、ございます。
良い仕事をさせていただくためですので、ご容赦下さい。

3.当組合の会員の塗装業者で扱えない仕事は
中には扱えないものもあるかと思います。
そんな時は、日本工業塗装連合会を通じて、その種の塗装を得意とする業者をご紹介致します。

最後まで、読んで下さりありがとうございました。